年子の男の子に囲まれて過ごすあたふたな生活をありのまま紹介しています。 まだまだ未熟なママのあしあと日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/19のこと
2005年12月22日 (木) | 編集 |
かかりつけのお医者さんにチビギャンが昨晩、救急にかかったことを報告しにいきました。
食欲があまり無いよっち君は便も出てないので採血をしてかぜの原因をみて点滴をすることに。(更新済み)
何とか泣きながら点滴が終了し受付でお話をしていたら淳が熱性けいれんをおこしちゃいました。両目は白目をむいて少量の泡を吹き、手足は痙攣してピクピク。小刻みに声を出しているのだけど意識はない。
かなり恐くてどきどきしちゃいました。
意識が戻るまで点滴と酸素吸入で様子見になり半日ぐらい小児科にいました。
熱性痙攣ってまだ未発達の赤ちゃんの脳に風邪が悪さをして起こってしまうそうです。しかも親のどちらかが経験していれば遺伝してしまうとのこと。
ウチの場合はママが経験済みでした。。。
この痙攣は1回ならOKなのですが何回もあると精密検査がひつようになります。。ママは「てんかん」もちなのでもしかしたら淳に遺伝してしまうかも・・・・。


おうちに帰ってきて二人ともお熱があったのだけど淳は何を飲んでも吐いてしまうので夜間救急に行って点滴をすることに。よっちはパパとお母さんに預けて。
診察してから2時間半の点滴はかなり長かった。気が付けば日付がかわっていた。ママはくたくた。。。淳はスヤスヤ。。。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きょうは、遺伝しなかった?
しかもきょうはここへ検査すればよかった?
しかもここで熱性も点滴するはずだった。
しかもnico2508がここへ意識したかったの♪
しかもnico2508の脳痙攣したかったみたい。
しかもnico2508でママが痙攣しなかったよ。
しかもここで経験するはずだったみたい。
しかもきょうはnico2508で熱っぽい痙攣したかったの♪
2005/12/25(Sun) 10:50 | URL  | BlogPetのnico #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。